ベジタリアンの理由

vegan for animals, planet, ourselvesベジタリアン (Vegetarian) という言葉は、「Vegetus」というラテン語で、「健全で生命力に満ちあふれて元気な」という意味です。

Vegetable(野菜)から由来したありません。
ベジタリアンは菜食主義という意味ではなく、健全で活力に溢れた元気な人と言う意味です。

そのためには、肉食を控えて、野菜中心の食生活にするのが良いということです。そして、ベジタリアンの理由でもあります。

ベジタリアンの種類

フルータリアン
植物自体を殺さないで、木になる果物や木の実や野菜のトマトやキュウリなどを食べる人

ヴィーガン
植物性食品のみで、肉・魚・卵・乳製品を食べない人

ラクト・ベジタリアン
植物性食品と乳製品を食べる人

オボ・ベジタリアン
植物性食品と卵を食べる人

ラクト・オボ・ベジタリアン
植物性食品と乳・卵を食べる人

ペスコ・ベジタリアン フィッシュ・ベジタリアン
植物性食品と乳・卵・魚介類を食べる人

セミ・ベジタリアン
赤身肉は食べない人

このようにベジタリアンにもいくつかの種類があり、食べるものや考え方、ベジタリアンの理由などさまざまです。

私はヴィーガンです
ヴィーガンは食用やその他、衣料や日用品、洗剤や医療品などに動物がかかわり、そして動物を苦しめて作られたものに疑問を持っています。
出来る限り、動物を苦しめることのない生き方を望んでいます。
このページには、その中の食用について、書いています。

ベジタリアンの理由

ベジタリアンの理由には、健康、環境、動物愛護、宗教が代表的です

食用肉について

ベジタリアンの理由・・・健康のため

動物性食品を食べないほうが健康に良いのでしょうか賛否両論あって、どちらを信じるかは自分で判断しなくてはなりません

健康は肉体だけではなく、精神面においても健康であるかということが、私にとっては、大きな問題です。
肉食になる動物たちのことを考えると、私自身が牧場での経験があるために、特に、辛く耐えられないものです。
このような精神状態での食生活はけっして健康ではありません。

殆どの人たちが、肉になるまでの過程を知らないのではないでしょうか。
お店に陳列されるまでのことを知らずに、食べています。

私自身がそうだったのですが、食事の最中にどのようにして肉になったかを説明されたりすると、食欲が無くなってしまいます。
なぜでしょうか?

おいしい肉がどのように育ったかが、聞くに堪えない・・・・
おいしい果物がどうのように育ったかを聞いても、「だから甘くていしいのね」って嬉しくなりますが、肉がどのようになんてことは、「食べているときに言わないで」って、誰もが言いますよね。

人間は肉食ですか?
このこともたくさんの意見があり、本当のことなどわかりません。
ただ、肉食動物のような本能は無いと思います。

お腹がすいたときに、自分の牙と爪で動物を襲い、引き裂いて内臓から食べますか?
果物や野菜が実っていても、ライオンのように動物に襲いかかりますか?

迷わず、果物をとるのに最適な形をした手で、果物をとり、皮をむいて食べるのが自然です。

私は甘えたり、怖がったり、喜んだり、感情豊かな動物を食べたくありません。
動物性食品を食べるときに、必ず心の中で余計なことを考えてしまいます。
動物の痛み、悲しみ、怒り、恐怖・・・・
このような気持ちで食べ物を食べるのが健康に良いと思いますか?
私の答えはNOです!

肉体面でも、現在アメリカでは、肥満や心臓病、ガンなどの病気は動物性食品の摂取量に問題があると言われています。

医学や栄養学の分野でのたくさんの研究で、ベジタリアンは肉類常食者に比べ、コレステロール、血圧も低く、脳卒中、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症、肥満などの病気になる確率がとても低いと証明されています。

そして、アメリカではベジタリアンが見直され、ナチュラルハイジーンやマクロビオティック、またはそれに近い日本食が注目をあびています。

日本も昔はベジタリアンに近い食生活だったのではないでしょうか。
何かの祝いのときに御馳走として動物性食品を食べていましたが、毎日、肉を食べていたわけではありません。

欧米化して、毎日のように肉を食べるようになり、肥満や病気も増えました。そして、アメリカのように、これは大変だと気がつき、近い将来には、たぶん、ベジタリアンが見直されるのでしょうね。

ベジタリアンの理由・・・環境のため

肉食が環境に及ぼす害を知っていますか?

飼料を確保するために、熱帯雨林がどんどん牧草地になっています。
地球の自然が牛の飼料になるために破壊されているのです。

地球上には栄養失調で亡くなっている人たちが数多くいるなかで、牛の飼料は、アメリカで生産されている穀物の80%以上を占めています。

同じ面積で作られた穀物などの、たんぱく質は、同じ面積で牧場の牛が算出するたんぱく質の10倍あるそうです。

そして、食肉生産は大豆生産に比べ、40倍もの化石燃料を必要とし、水は、じゃがいもや小麦の100倍も必要とします。

このことだけでも畜産、酪農は非経済的な産業だとわかります。

そして膨大な土地の牧草に使用する大量の農薬、それを毎日、食べている牛・・・

除草剤や殺虫剤の大量の散布が環境に良いわけがありません。
そして農薬が体内に蓄積された牛の肉や牛乳が良いわけがありません。

国土の狭い日本では牧草地を持っているような大きな牧場はたくさんはありません。農薬を使わないで育てているオーガニックの牛もいるでしょう。でも殆どが、輸入飼料に頼っています。

大切な自然を破壊して作った牧草地、農薬にまみれた飼料・・・牛も食べない飼料現実にこのようなことがあっても、お店に陳列されている肉だけを見ていたらわかりません。

家畜が吐き出すメタンガスは地球温暖化の大きな要因となり、排泄物が出すアンモニアガスによって生じる酸性雨なども大きな環境問題となっています。

地球の環境を破壊してまで、牛や豚、鶏の肉を食べたいですか?

ベジタリアンの理由・・・動物愛護のため

豊かな感情があり、甘えてきたり、喜んだりする動物なのに、食用としてだけ育てられ、狭いところで身動きもできない状態で飼われている・・・
そんな牛や豚、鶏がたくさんいます。

生きているのに、ただの肉として扱われ悲惨な状態の牧場がたくさんあります。文句を言うことも、意見を言うこともできない動物、人間のされるがままになり・・・
どんなに苦しくても、どんなに辛くても文句も言えないまま、肉になるために残酷に扱われています。

もちろん、大事に育てられ広いところに放牧されて、育てられている動物もたくさんいるでしょう。
でも、結局は肉になるために殺されるのです。

このような動物のことを考えると私は肉を食べたくありません。
少しでもこのような動物がいない世の中になって欲しいと切実に思います。
私は心からヴィーガンになって良かったと思っています。

健康のためにも・・・
環境のためにも・・・
動物のために

肉を食べて、何か良いことがありますか?
少しでも肉を食べる量を減らしていけば・・・

動物性食品の過剰摂取によって、ひきおこされると言われている病気や肥満の予防になります。

飼料としての農地を人間の穀物などのために使えば、飢餓に苦しんでいる人たちを救うことができます。

熱帯雨林の伐採、砂漠化、大量の農薬、排泄物の流出などによる環境破壊を防ぐことができます。

どんどん産まれて来るかわいそうな動物の命を少しずつでも減らすことが、動物を救うことになります。

 健康、環境、動物のために考えてみませんか?

 

ソース:ベジタリアンの理由